容姿端麗だが、時間に超ルーズだった彼女

私は高校1年生の8月から高校2年生の4月までお付き合いしていた女性(A子ちゃん)がいました。A子ちゃんは同じ高校のクラスメートで、高校に入学して最初の席が隣ですぐに友達になりました。

A子ちゃんは可愛くて芸能人で言うと北乃きい似の子でした。とても話しかけやすく、僕たちはすぐに仲良くなりました。僕は彼女の明るい笑顔とユーモアのあるところに魅了され気付けば好きになっていました。

何度か2人で遊んだこともあり、夏の花火大会に彼女を誘いその日に告白をして見事お付き合いすることになりました。付き合ってから3ヶ月くらいは本当にラブラブで毎日のように遊び、電話をしていました。そして付き合ってから半年くらい経つと、徐々に彼女の嫌な部分が僕の目に映るようになりました。

彼女は非常に時間にルーズだったり、約束事が守れないような子だったのです。例えば、デートの日当日、その日は朝から遠出する予定で待ち合わせをしていたのですが約束の時間になっても彼女の姿はみえず、電話をしても繋がらない状態でした。

その後僕は3時間ほど待ち合わせ場所で彼女を心配しつつ待っていました。そして彼女から電話がかかってきて、出ると「ごめん、寝てた!」と言ったのです。同様のことが一度ではなくて最低5回はありました。僕は正直、完全に彼女に対して怒りを覚えていましたが好きだったのでずっと許していました。

しかし、しばらくたったある日、僕が別れを決意する出来事が起こりました。その日も同じようにデートの約束をしていた日で、待ち合わせをして待っていたのですが彼女は時間になっても姿を現しませんでした。

電話をすると、「ごめん今友達と一緒にいてさ、すぐに行くね!」と返事をされました。僕はその時点で、なぜ時間になってもまだ友達と一緒にいるのか訳が分かりませんでしたがグッと怒りを抑えていました。

すると彼女は待ち合わせ場所にやってきました、友達と一緒に。僕は、当然友達と挨拶ぐらい交わしてその後は2人でデートするんだろうと思っていましたが、なんと彼女は「この子も今日一緒ね!」と言ったのでした。僕はもう怒りを通り越して呆れました、そしてその瞬間に「もう無理だ」と思い。

その日のデートは中断し彼女とその友達に2人で過ごしてもらいました。そして後日、僕から別れを告げて僕たちの関係は終わりました。それ以降、人と遊ぶ時や好きな女性に対して求める条件として時間を守るということが僕の中で非常に重要なキーワードとして今でも残っており、良い教訓になっていると思っています。

台湾人で見た目と声は可愛らしいが、実は物凄くメンヘラだった彼女・・・

昨年の秋頃に付き合っていた女の子で元々ツイッターを通して知り合いました。
私は人が今何をしているのかを見る事が好きで暇さえあればツイッターをみていました。

ある日またツイッターを見ていると綺麗な女の子が自分の歩く姿を動画で投稿しているのを見ました。
物凄く可愛い買ったので思い切ってDM(ダイレクトメッセージ)を送ることにしました。
「物凄く綺麗ですね。良かったら仲良くなりませんか?」
と送って見ると、数日経った時にDMが返ってきたのです。
「DMきたの初めてだからびっくりした!」
ときたのでそれから色々彼女の好きなところを褒めていると向こうも楽しそうに連絡をくれるようになってお互いの連絡先を交換し毎日電話で1時間以上話すようになりました。
彼女は台湾出身で今日本に出稼ぎにきていたそうです。

見た目と声も可愛くロリ系の彼女で私は思い切って告白してみたら向こうも私の事が好きだったらしくすぐにオッケーをもらう事ができました。
付きあってから仕事の都合でなかなか連絡取れない時に
「なんで連絡くれないの。私の事嫌いになったのね。しょせん日本の男は皆んなそうよねもううんざり、じゃあね。」
みたいな連絡をしてくるようになって慌てて連絡して許してもらう日々が続きました。

最初は変な性格と思っていましたがこれから私は彼女の本性を見る事になります。
それから連絡を繰り返しているうちに一緒にカラオケに行くことになりました。

私は少し遅れてカラオケの前にくると彼女が立って待っていました。
私は彼女の元へ駆けつけて話し掛けカラオケで3時間くらい歌いました。

物凄く声が綺麗だったし好きな歌手や歌も一緒だったのでお互いの仲は深まっていきました。
カラオケを出た後、向こうも仕事だったため解散してその日は終わりました。

冬になるに連れて仕事も忙しくなってきて彼女と連絡をあまり返せなかった時に彼女から私に向けて酷い誹謗中傷な事を言ってきたので慌てて事情を説明しても分かってもらえませんでした。

彼女のせいで夜も眠れず仕事にも支障をきたすと思い私の方から別れる事を告げました。
彼女は
「やっぱり好きじゃなかったのね。最低うざい。」
など他にも私に対する悪口を沢山言われ彼女の連絡を無視しました。

しばらくすると彼女が腕をリストカットした写真を何枚も送ってきて気持ち悪くなりその子の連絡先をブロックしました。

メンヘラの女の子と付き合った事がなくて別れる選択をしましたが、もし付き合い続けていたら私はうつ状態になっていたかもしれません。
その後は何事もなく彼女とは関わっていません。

寂しかったから身近なところで会社の女の子と付き合ったら、後が大変だった。

社会人になって5年目くらいだったと思いますが、大学時代から付き合っていた彼女と別れました。かなり長く付き合った彼女でもあったので、落ち込み具合も半端なく、しばらくは未練たらたらで仕事も手につかずといった状態だったのですが、数か月たってようやく正気になってきたころ、会社の後輩の女の子と買い物に出かけました。

お世話になっている会社のおばさんがいて、誕生日になにか上げようという話になり、じゃあ二人で買いに行こうかという事で、雑貨屋などを色々回ってきました。そんなことをきっかけにして、ちょくちょく仕事以外で会うようになり、私自身も彼女がいなくて寂しかった時期でもあったので、じゃあ付き合おうかという事になりました。

実は彼女はこれまで男性と付き合ったことがなかったらしく、初めの頃は話をするにしてもかなり緊張しているような感じでした。それが初々しいと感じているうちは良かったのですが、数か月たってもそんな状態だったので、なんか違うかなぁと思ってしまいました。

彼女は、会社の他の男性と普通に会話しているのですが、私と会話するときになると付き合っているにもかかわらず、かなりわざとらしい印象を受けてしまいます。彼女にしてみれば気を使っているのでしょうが、私としてはその気遣いが邪魔で、もっと普通に接してくれた方が楽だったのですが、結局その後もそんな感じが続き、私の方からなんか違うから別れようという話をして別れました。

これまで会社の女の子と付き合ったことはなかったのですが、付き合っている時ならまだしも、別れても同じ部署にいるとなると、ちょっと仕事をしづらいのでかなり困ってしまいました。

特に別れて数か月後、同じプロジェクトを担当することになり、私がリーダーで彼女が部下という関係でしたので、かなり気まずい状況でした。翌年の人事異動で他の部署に彼女が異動したので、その後は直接的にかかわることはなくなり、ほっとしたことを覚えています。

それ以降、やはり会社の女の子に手を出すのはかなりリスクがあるなぁと思って、ある程度距離を置いて付き合うことにしています。実はその彼女とは普段の生活ではあまりかみ合わなかったのですが、体の相性だけは抜群に良かったので、一線を置きつつも、どちらからともなく寂しくなるとそういう関係になってしまうというのが時々ありました。

そんな感じだったので、会社の他の女の子に対してあまり気持ちが行かなかったのかもしれません。その後、お互い結婚しましたので関係も解消されました。今にしても思えば彼女との失敗があったので、のちの社内の人間関係での距離の保ち方を学んだような気がします。

外見が良いだけでは将来が不安です。

学生時分は運動部に属し体力には自身があったのですが、働くようになってからは運動をする機会が減ったことで体重が増加、ダイエットとストレス発散目的でスポーツクラブに通うようになりました。

スポーツクラブには仕事帰りに立ち寄る者が多く、顔見知りになると運動を終えた後に食事へ行くこともあり、その中のひとりが同い年のA子でした。

男性同士であれば名刺交換をすることで相手のことを容易に知ることが出来るのですが、女性の場合は名刺を持っていない者も珍しくなく、また、ナンパ目的と思われると困るので、親しい仲になるまでは相手の素性を知ることに躊躇います。

社会人になってからお付き合いをする女性は、結婚を視野に入れているため、相手の経歴(家柄・学歴など)を考慮していましたが、私が通っているスポーツクラブは勤め先からも自宅からも離れており、友達以上恋人未満の関係でいられる都合の良い女性を私は求めていました。
スポーツクラブには多くの者が利用していますが、その中で男性陣の目を引いていたのがA子、男性陣は狙ってはいても皆さん常識ある大人、直接A子に声を掛けることはなく、その中で積極的に私はA子に迫ったため付き合うようになりました。

付き合い始めは、いつキスをするか、キスをしたらいつエッチに持ち込むかは学生時分と同じノリ、学生時分から恋愛経験は豊富であったため、自身が確立したマニュアルに従ってキスそしてエッチへの移行は容易でした。

エッチに至ると、その先の展開に悩むところ、そもそも私は友達以上恋人未満の関係を求めてA子にちょっかいを出したに過ぎないため、結婚をする気はサラサラなかったのですが、A子とはエッチの相性がバッチリ、自らA子をリリースするのは勿体無いため、適度な距離を保ちながら付き合っていました。

私が相性抜群のA子と恋人以上の関係にならなかったのは、彼女が低学歴だったからです。学がなくても立派な者は沢山いますが、彼女の場合は学がないことで、人に影響を受けやすいところが多々ありました。

彼女自身が学が無いことに負い目を感じていたため、彼女が親しくしている仲間は殆が同じく低学歴、それらの者の外見は20代後半なのにヤンキー風、乗っているのはスモークフィルムが貼られた車高の低い車ばかりでした。

A子を含むその取り巻きは、努力を惜しむことが出来ず目先の欲求に目が眩む傾向がありました。20代後半になると結婚をして家庭を持ち子育てをする者が多いのですが、彼女達にとってこれらのことは面倒なこと、外見を良くしておけば男がチヤホヤしてくれるため、自ら進んで面倒なことをしようとは考えません。

1対1で話をすると理解を示すのですが、実際は理解をしているフリをしているだけのため、結局同じことでケンカに、このままでは将来困るよと言っても、彼女にとって大事なことは目先の幸せ。

私と出会って考え方が変わってくれたら、A子との展開は変わったかもしれませんが、価値観が変わるようなことはまずあり得ません。A子とはあくまで友達以上恋人未満の関係をキープ、つまりセフレの関係を維持するのが互いのため、世の中には結婚を望まない、適さない女性がいることを知りました。

裏表のある彼女の言動がショックでした・・・

30代に入ると同時に転職したのですが、前の会社の先輩から私のことが気になっていた女性がいると話をされ、その紹介で合コンをしたのが出会いのきっかけでした。

彼女のことは違う部署で人気があったのは社内誌などで知っていました。合コンの席で目の前に座っていたのですが、優しく微笑んでいる顔が相変わらず綺麗だなと思いました。

その時は彼女が私を気にってくれていたと考えてもみなかったので、どの人なんだどうと他の3人の女性を代わる代わるに様子を見ていました。そうこうしているうちにお店を出ることとなり、この後どうなるんだろうと店の前で立っていると、後ろから駅まで送ってくれない?と彼女の声がしました。まさかとは思いましたが、私のことを気にかけてくれていたのはその彼女でした。

駅まで行くと、もう少し飲みたいなと言ってきたので彼女がよく行くお店へ一緒に入りました。必ずではありませんでしたが、たまに彼女へ目をやる男性がいて、それだけ魅力てきなんだろうと心の中では自慢げにしていました。

その後、何度が会っているうちに自然と付き合うようになりました。彼女は一人暮らしで警戒していたのでなかなか部屋へ入れてもらえませんでしたが、あるときコーヒー飲んでいく?と突然話しかけてきて部屋に入ることができました。その夜、彼女を抱くことができました。

しかしながら、その日をきっかけに彼女は徐々に本性を出すようになってきました。デートに誘うと、その服装ダサいから嫌いとか、このお店は雰囲気悪い、選んだアナタのセンスが信じられないとダメ出しが増えてきました。

いつしか、私の彼氏なんだからそれに相応しく接してきてというのが彼女の口癖になりました。それでも彼女が好きだったので我慢して付き合っていましたが、アナタのセックスって退屈と言われた日をきっかけにもう無理だと思い、別れを告げる決心をしました。

彼女へ別れてほしいと言うと、すぐに答えは返ってきました。私が振られたなんて絶対に困るから、私から振ったということにしてと冷ややかな目で言ってきました。さらに、何か欲しいとは言わないけど誠意は見せてほしいわねと続けてきたので、ブランドもののバッグを購入する約束をしました。

彼女と別れたあと、紹介した先輩にだけ正直に話しました。会社ではそんな素振りはなかったので気づかなったと、申し訳なかったと謝ってくれました。ここまで激しい裏表のある女性は初めてでしたが、これを教訓に正直に話し合える人を前提にお付き合いするよう女性を見るようになりました。

メンヘラ!?メンタルが弱めな彼女・・・

私の年齢は26歳、男性で営業職をしておりますサラリーマンです。私が付き合っていた彼女は、世間的によく言われるメンヘラという部類に入る女性でした。

彼女との出会いは、出会い系サイトでの出会いでした。社会人になり、地元を出た私は静岡県で一人暮らしをすることになり、そのときは彼女もいませんでした。

出会い系で3人の女性と出会い。1人目、2人目は1か月もたたないうちに別れておりました。しかし、3人目に出会った女性は違いました。出会った瞬間から、今まで出会ったことがないような距離の近さと元気の良さを感じ、デートしている中で、その日のお別れをしようと思った瞬間、無意識で告白をしておりました。出会い系で当日告白することも初めてですし、出会い系ではない出会いでも当日告白はありませんでした。

付き合っていくうちに、私たちは仕事の事情で遠距離恋愛をすることになりました。それまでは、幸せな時間を過ごしておりましたが、遠距離になってからが失敗と感じることが多くなりました。

理由は、彼女は極度の寂しがり屋という点でした。彼女は会う回数が少なくなると、不安な気持ちや自分が好きな気持ちが薄れてしまうのです。しかしながら、出会ったときに抱けばその不安な気持ちは解消されるのです。

遠距離になってから、何度も別れようという話を投げられ、その都度会い、話すと彼女の不安は消え、少し経つとまた不安になるのです。

しかしながら、私は彼女のことを大切に思っておりましたので、結婚のプロポーズをしました。OKの返事をもらいましたが、お互いの仕事の都合上、一緒に住み結婚するまでは1年以上ありました。結婚式の話など具体的に進めていく中で、彼女の不安はさらに大きいものになっていきました。

彼女は生まれてから一度も地元を出たことがなく、結婚すると私の地元で暮らすことになります。その不安な気持ちが、結婚が近づけば近づくほど、大きくなっていきました。そして、婚約しているのにも関わらず、何度も別れたいというようになりました。結婚まで残り3か月という場面で、私は彼女との終止符を打ったのです。

付き合っての教訓は、彼女と結婚に発展する彼女とは違うということです。結婚に発展する彼女は、心に余裕がなれけば、結婚するまでも結婚してからもうまくやっていくことができないと思います。

年も年ですので、結婚する器の女性を見抜くべきですし、今回の失敗で、結婚する器の女性は何が必要かわかったので、今後に生かしたいです。

見た目は素敵だったが、実は中身がひどかった彼女・・・

彼女と付き合っていたのは数年前です。出会いは友人からの紹介でした。共通の友人と一緒にいるところに私がたまたま出くわして、いくらか経った後にその友人を通して連絡先を交換しました。

何度か会っているうちに親しくなり付き合うことになりました。どちらかというと私の方からアプローチした感じです。

付き合ってみて失敗だったのは中身のひどさでした。見た目はとても美人で、周りにはそうはいないくらいのレベルでした。ですが、外見は良くても中身が伴っていませんでした。

付き合った当初から浪費家であることは薄々感じていました。ですが、特にそれを実感したのは同棲を始めてからです。自宅でゆっくり過ごすということができずに、彼女は毎日のように出歩いていました。彼女はパートとして働いていたためそれほど収入も多くはないのに、それにしてはお金を使ってるなという印象でした。

彼女はお金持ちの家庭に生まれたので現在の自分にもお金があると勘違いしていたように思います。実家とは家計を別にしている状況なのですから、その身の丈にあった生活をするべきであると感じていました。

そんなある日、ある事実が発覚します。彼女がいかがわしいアルバイトをしていたのです。これを知った時私はかなりショックを受けました。

ですが、パートでありながら毎日のように出歩くお金があることに納得した瞬間でもありました。彼女を問いつめると逆ギレのような感じで別れたいと告げられました。今の自分の身の丈にあった生活ができずにいかがわしいアルバイトに手を出すような思考やそれが見つかり逆ギレする態度に幻滅しました。

その時と同じくらいに浮気をしていることも発覚します。私は話し合いの場を持ちたかったのですが、彼女は逆ギレを通り越して開き直ったような感じで話し合いにもなりませんでした。

むしろ早く別れたがっているような態度をおもむろに出してきました。そのような状態でまで一緒にいても仕方ないのでお別れすることにしました。最後の最後も家具はすべて持っていき、挙げ句の果てに私が支払っていたアパートの敷金礼金等に対しても自分が支払ったから返してほしいと主張する始末でした。

それからは教訓として女性の外見はほとんど気にしないようになりました。女性と関わる際に相手の内面を見るように、そして見抜けるようにとの意識がとても強くなりました。

この出来事は、今後彼女を見つける時に教訓にしたいと思います。そして内面が清らかで仮に問題が発生したとしてもきちんと話し合いで解決できるような彼女を見つけたいと思います。

※湘南美容クリニックの脱毛体験談を集めました!

明子姉ちゃんか!というくらい隠れて覗く彼女・・・

大学卒業後大手の衣料カジュアルジーンズ店に就職しました。店長として2年目に富山店へ勤務した時にできた彼女のことです。

出会いは勤務している店でジーンズを購入して彼女を接客したときから始まる。明るい性格でつけている時計がGshockのクジライルカ博モデルでお揃いだね、と向こうから話かけられてお客さんとして仲良くなりました。

北陸に縁もゆかりもなく転勤して、付き合っていた彼女とも疎遠になり、スタッフとショッピングセンター内の近隣の店員としか喋る機会もなくて、寂しかったのでしょう。よく店にきてくれて積極的に仲良くしてくれる彼女と仲良くなるのに時間はかからず、いい娘だなあと思い彼女から告白された時には全く戸惑いもなく付き合うことになる。見た目も好みだったし、性格も問題なく身体の相性も良かったので。

が付き合って見ると違和感が徐々に・・・。
拘束が激しいというか24時間行動を把握しておきたいタイプの彼女ということが判明してきます。北陸4県エリアというのは、経済規模の大きい金沢か新潟でエリア会議することが多く、泊まりがけで出張に出かけることも多く家を空けることも多いのですが、事前に説明しているにも関わらず彼女の追究が厳しくなりつつなり、ストーキングまがいのことをするようになっていきます。

空き巣対策で今でも家の電灯はつけて出掛けているのですが、事前に説明したにも関わらず居留守を使っているやら難癖つけられたり、寮なので部外者は立ち入れないのですが部屋の前で待機して新聞やガスの集金を勝手に払われることもありました。

女の子を寮に連れ込んでバレると出世に影響することもあって鍵は渡さないようにしてたのも不信感を産んだのでしょう。決定的な打撃があったのは付き合って4ヶ月目、勤務していた店は2階が吹き抜けになっており店舗の前方の視界は別のお店とベンチと防護柵しか見えません。

そんなある日、スタッフが向こうからいつもずっと隠れて見る人がいるけど警備員の人呼んだ方がいいですかねと?で軽い気持ちで覗いたら彼女でした。ため息つく暇もなく知り合いの館内巡回警備員にあそこの女の子注意した方がいいんじゃない?と他人を装って話してみると、衝撃の事実が!!

警備員と向かいの店舗の人は長時間彼女が監視しているのを知っていたらしいと・・・・
しかもそれは1日だけじゃないと・・・・・

で、当時ストーカーの事件が世を騒がせはじめた頃もあり、エリアマネージャーに相談して北陸の遠隔地の島根の店舗へ転勤する形をとってもらいました。寮勤務なので一緒に生活はできないけど、どうする?切り出してみるとあっさりとそれまでの行為が信じられないレベルで別れることに。

それ以来、お客さんに気軽に手を出すことはやめようと、うまい話にはなにかあるんじゃないかと警戒して過ごすようになりました。店長は卒業してエリアマネージャーとなった今では、見せ場に立つことはないですし、若い店長、スタッフに諭しています。

この手の失敗は全社ベースで全店舗に名前うれるからと笑い話になりますからねorz